かつての古本屋

インフレが続く時、在庫をたくさん抱えている古物商は労せずして儲けることができます。古本屋は、ずっと同じように商売を続けていても食いっぱぐれることがありませんでしたので、新たな試みに挑戦する必要がありませんでした。

しかし、この状況は、古本屋が時代の流れについていけていなかったと言い換えることもできるでしょう。大量出版の時代になっているのもかかわらず、何も策を講じることがなかった古本屋をみていればわかります。当時、古本屋に行っても読みたい本が見つからないことが多く、多くのお客さんは古本屋に行かなくなってしまいました。その結果、古本屋に足を運ぶのは、マニアと呼ばれるような人だけになったのです。

減少した客足を補うために、スーパーマーケットの店頭などで行う「古本まつり」といった催事が多く行われるようになりました。一般の読者が手に取りやすい書籍は、古本屋ではなく催事で扱うように方針を変えたということです。

しかしそれでも、古本屋はわずかな「読書人」「愛書家」をビジネスが成り立っていました。これはどう同業者同士の競争がそれほど激しくなかったから可能だっただけで、古本買取という地味な商売に自ら飛び込む人はほとんどいませんでした。

チェーン型古本屋のTOPへ戻る