古本業界の売上

古本屋というものは、今までに出版されて世に出回ってきた既刊本を古本買取して販売するビジネスです。お店の展望や経営計画を立てる時は、どのような本が出版され、どのような本が受け入れられてきたのかということを知っておく必要があります。

現在全国には二千以上の古本業者があるといわれています。1店舗当たりの平均的な年間売上額が二千万円程度だと考えた時、合計すると四百億円以上ということになります。大手古本チェーンの連結売上は八百億円弱であり、そのほかのチェーンの売上がだいたい五百億円程度だと想定すると、古本業界全体の年間売上は千七百億円ぐらいということになります。ただし、これらの売上には業者間での取引で発生した売上も含まれていますので、実際の市場規模はこれよりも少し小さくなるかもしれません。ちなみに、新刊の書籍や雑誌の販売金額はおよそ一兆七千億円といわれていますので、古本業界は新刊書籍のおよそ十分の一の規模といえます。

規模が小さいように思えるかもしれませんが、古本屋では雑誌の取扱いが少ないことを考えるとそこまで小さくはありません。また、インターネットで古本を販売する個人業者は含んでいないため、本質的な古本市場規模はもっと大きいと考えられています。