古本屋の歴史とビジネスモデルの変遷

新刊書店が取り扱う本は、すべて出版社の在庫です。一方、本の版元である出版社が見限った本や、倒産などによって版元がなくなった本は、新刊書店の棚から抜かれます。出版社で在庫切れとなっている本も同様、新刊書店で生きている本としては扱われません。

絶版や在庫切れの本を新刊書店で注文したところで、古本屋で探してくれと言われてしまうでしょう。つまり、出版社や書店で取り扱っていない本を古本買取してストックしておくのが古本屋ともいえます。

最近、絶版や在庫切れの本を入手するのが難しくなっていると感じる人が増えてきているといいます。なぜこのようなことが起きているのでしょうか。歴史のある古本屋は、新刊書店に比べて売り場面積が狭い店の方が圧倒的に多いです。しかしその一方で、巨大な倉庫に在庫をストックしているケースも少なくありません。こうした倉庫は、新刊書店で棚から外された本を一時保管しておき、市場にその本のニーズが生まれてきた時に倉庫から搬出する役割を果たしてきました。

しかし、大量出版の時代ではその役割をまっとうすることができなくなったのです。世の中に流通する本が大量出版ものと、すぐに絶版になる少部数の二極化となり、大量出版された本が市場から消えにくくなってしまったからです。