チェーン型古本屋の台頭

古本業界は閉鎖的な風潮があることで知られています。その影響で近年、古本屋で扱う書籍の種類に偏りが出始めているようです。特に一般書の分野においては、新古書店の勢力が拡大しつつあるのです。

古本屋に比べて広大な売り場面積を持つ新古書店では、利益も古本屋とは比較にならないほど大きいです。また、チェーン展開するところが多いことも新古書店の特徴で、大手新古書店チェーンの台頭も目立ち始め、古本業界はチェーン店型の新古書店の独壇場と言っても過言ではないでしょう。

新刊書店は30年ほど前から経営苦難の時代が続いており、大型店の相次ぐ出店とコンビニエンスストアの販売拡大が影響して、中型店でさえも生き残るのが難しくなっています。そして古本店にも同様に時代の波が押し寄せていると思われます。

古本屋が新刊書店の苦しい状況を高をくくって眺めていられるような時代は、とうに去ったというのが大部分の考えです。新刊書店の一周遅れともいえるかたちで、古本屋も同じような道を辿りつつあります。

このような時代の中で、古いタイプの古本屋が経営を続けていくためにはどうすればよいのでしょうか。それは、チェーンには真似出来ない仕入れ古本買取をすることだといえるでしょう。
古本買取は埼玉県川口市のスマイルブックス